「高齢者のペット飼育支援」シンポジウム

初めまして、大場です。東京出張から無事戻りました。動物愛護社会化推進協会主催の「高齢者のペット飼育支援」のシンポジウムに参加してきました。オオツカさんが常々仰っている、お互いが年老いてもペットと暮らせる世の中というものを、以前は漠然としか捉えられていませんでしたが、この会に参加してこんなにも社会問題になっているのかと焦りました。

会場では多くの方がこのNPOどうぶつと楽しい家のプロジェクトの話を聞いて下さりありがとうございました。とても嬉しかったです!

人とペットがより暮らしやすい社会になるように、活動を活発にしていきたいです。

インターンシップ生 大場 麻由

どうぶつと楽しい家 主宰

建築家大塚 慎也

住宅専門の建築家として年間20棟前後の新築やリノベーションの設計に携わる。流行だけで設計される「ペット共生住宅」に疑問を抱き、ペット先進国ドイツにて本来の共生について学ぶ。帰国後、獣医師・トレーナー連携しどうぶつと楽しい家を立ち上げる。

>>「どうぶつと楽しい家DoTano」について

前後の記事


www.DouTano.com by Shinya Otsuka =DouTano= since 2014.