ネコと楽しい家

優雅にしっぽをくねらせて高いところからこっちを見下ろしていたり、突然ダッシュしてジャンプして猫パンチ!

電気ケトルの上に座ってみたり、お掃除ロボに乗車して旋回したり・・・
とにかく好奇心旺盛で自由気ままなところが魅力。

普通の家は人間だけに合わせて設計するので、ネコには狭くて窮屈。
でも、同じ地面にネコ用の家をつくるとしたら・・・ネコサイズならば、多層構造にできるし、充分広くなる!!

人間の家に、ネコの家を合体させる。これは僕が得意とする、狭小住宅での工夫の応用です。
人間の家の機能を損なわずに、普通の家では見られないようなネコのおもしろい姿がみられる楽しい家ができるはずです。

どうぶつと楽しい家 主宰

建築家大塚 慎也

住宅専門の建築家として年間20棟前後の新築やリノベーションの設計に携わる。流行だけで設計される「ペット共生住宅」に疑問を抱き、ペット先進国ドイツにて本来の共生について学ぶ。帰国後、獣医師・トレーナー連携しどうぶつと楽しい家を立ち上げる。

>>「どうぶつと楽しい家DoTano」について

前後の記事


www.DouTano.com by Shinya Otsuka =DouTano= since 2014.